DMMが4Kモニターを販売開始

20161117_4k

DMM.makeにて、50インチと65インチの4Kディスプレイモニターが販売開始となったようですね。4Kディスプレイとなるとかなり高いのでは…と思ってしまいますが、50インチに限って言えば税抜き59,900円と、低価格を実現しています。

いよいよ日本のAVにも4Kが来るか?

2016年11月現在、例えば4Kテレビで40インチサイズのものだと10万円ぐらいはしますが、それを考えると相当安いですね(念のため書いておきますが今回DMMが販売開始した4Kモニターはテレビチューナーはついていないのでテレビは見れません。PCやゲーム機との接続は可能です)。

なぜDMMが4Kモニターの販売に乗り出したのかという点ですが、予想ですけど、おそらく来年からDMMでも徐々に4Kコンテンツともいうべき配信が始まる布石なのではないか、という気がします。今やPCのみならずプレイステーション4やスマホ、タブレットなど、デバイスの垣根をこえて動画配信をしているDMMですから、来年はVRと4Kの本格的な普及を試みているんじゃないかなあなんて思います。

奇しくも私は今年の6月に「海外ではAVの4K配信が始まっているので、日本のAVもそろそろ4Kになるのでは?」ということをブログの記事にしたのですが、もしかしたらその予想通りになるかもしれません(^_^;)

ただAVを作る側の人たちとしては、4Kでの制作ってのは大変でしょうね。機材もそれなりのものを整える必要があるでしょうし、4KのAVを出せるメーカーは一握りかもしれません。

VRと4Kは来年からますます勢いが出てくるとは思うのですが、それがAVにどう影響を与えるのか、AVがブームの波に乗れるのか、楽しみなところです。

DMMの4Kモニターの詳細は、下記リンクよりどうぞ。

リンク DMM.make 4K

スポンサーリンク

よろしければ記事のシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ最新記事のチェックはこちらからどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、URLを含むコメントは無視されますのでご注意ください。