キャンプ場でAV撮影、出演者ら計52人が書類送検

時事通信の報道によると神奈川県内のキャンプ場でAVの撮影を行ったとして、公然わいせつや同ほう助の疑いで、AV制作会社「CA」社長と出演していた女優9人、男優24人ら計52人が書類送検されたそうです。

青姦・露出ものAVはなくなる可能性も微レ存?

AV制作会社「CA」は、DMMグループの会社らしいですね。報道によれば送検容疑となった撮影は2013年9月30日と10月1日に行われたものとのことですので、「なんで今更」って感じがしなくもないですな。

3年前の撮影にまでさかのぼって書類送検されるとなれば、今後も同じような容疑で送検される事例が発生し、最悪この手の青姦・露出ものAVの制作なり発売は今後なくなる可能性も出てくるような気がします(^_^;)女優さんや男優さんも一度こういう事例が発生するとこの手の仕事はしたくないって思っちゃうでしょうしね…。

日本のAVはモザイクがあること以外は比較的緩い縛りの中で作られているとは思うのですが、そういう自由が失われてしまう、自粛ムードになってしまう雰囲気が蔓延するとしたら残念ですなー。

リンク キャンプ場でAV撮影=公然わいせつ容疑52人送検-警視庁:時事ドットコム

スポンサーリンク

よろしければ記事のシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ最新記事のチェックはこちらからどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、URLを含むコメントは無視されますのでご注意ください。