AV男優を目指したい方に朗報!メーカーと男優のマッチングサービス始まる

AVメーカーの一つ「RADIX」が、AVメーカーとAV男優を結ぶマッチングサービスなるものをこの春からスタートさせるようですね。

■リンク:http://www.avactor.com/

普段AVを見ていると、「この男優よく見るな」っていうこと、ありませんか?一昔前でいえば加藤鷹氏とかチョコボール向井氏はいろんなAVで見る機会があった有名男優ですし、現在でいえばしみけん氏がそうですよね。男優の名前や顔を覚えてくると、「この人はどういう経緯でこの業界に入ったんだろう」と興味を持った人も、多いと思います。でも実際にAV男優になるにはどうすればいいのかっていうのは、よく知られていないのが現状だと思います。

そこでRADIXが日本AV男優データベースを構築し、AV男優として登録された男性をAVメーカーにアプローチするというサービスを開始すべく、そのための登録者を現在募集しています。

上記サイトによれば、現在AV女優の数約10000人以上に対し、AV男優の数は約70人、それでいてひと月に発売されるAVの数は約2000本なのだそうです。どうりで「この男優よく見るなあ」なんて現象が起こるわけですよね(^_^;)まったく男優の数が足りていないのが分かりますな。いくらAVでは女優が主役とはいえ、その女優を引き立たせて抜ける一本に仕上げさせるのも男優の力量次第というところもあるわけで、見てる側にとっても活きのいい男優というのは必要不可欠な存在と言っても過言ではないでしょう。

ですが市場の大きさに比べて男優の数がここまで極端に少ないというのは、所得、体力、社会保障など、様々な問題を抱えていそうというのも、なんとなく想像できますね。女優が「あの男優はやだ!」と言えば即仕事がなくなりますし、監督の要望に応えられるかどうかという柔軟性、頭の回転というのも求められるでしょう。セックスを何回こなせるかという体力面の問題は、若いうちはまだしも、歳をとればきつくなっていくのは言わずもがなですし、ちょっと考えてみるだけでもAV男優という仕事はハードですね。だからこそ本番もこなせる男優は少なく、また人気男優に一極集中するのかもしれません。

おそらく…想像を絶するに過酷な仕事だとは思うのですが、それでもAV男優を目指したい、なりたい!という熱意のある方は、応募してみてはいかがでしょうか。どういった試験があるのかなど詳細は書かれていませんが、その道に進んでみたいと興味がある方はとりあえず見てみることをお勧めします。ちなみにRADEXのサイトからも応募ページに行くことができます。RADEXのサイトもずいぶん変わりましたねえ。プールクラブの「巨乳悦楽」シリーズとか、昔はお世話になったもんですw

スポンサーリンク

よろしければ記事のシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ最新記事のチェックはこちらからどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、URLを含むコメントは無視されますのでご注意ください。